AGAを撃退しようとする男性

日本では、特に成人男性の約4人に1人の割合の方がAGAだと言われており、かなり多くの人がAGAに悩まされていると言えます。そんな身近に迫る恐怖を無くしたいという方の手助けが出来ればと思います。

AGA治療薬フィナステリドは女性の薄毛に効果が無い

AGAにはフィナステリドが効果を持つと言われており、フィナステリドを1mg含んでいるプロペシアの処方を受けて治療を行う事で、脱毛症の原因になっている悪玉脱毛ホルモンの抑制作用、そしてテストステロンを悪玉脱毛ホルモンに変換させないための5α-還元酵素を阻害する2つの作用を期待する事が出来、更に毛周期を正しくすることで発毛を期待出来ます。

薄毛には色々な種類が在りますが、フィナステリドに効果を持つのはAGAのみであり、AGAのようにホルモンバランスの乱れなどによる薄毛に対する作用は期待出来ても、他の薄毛には効果が無いのが特徴です。

また、AGAは男性特有の脱毛症になりますが、女性の場合には女性男性型脱毛症、若しくはFAGAと言う薄毛が在りますが、こちらの脱毛症についてもフィナステリドの効果は無い事、女性が服用する事で恐ろしい副作用が現れる事からも処方する病院は無いと言われています。

FAGAについても男性型脱毛症と同じく進行型の薄毛であり、そのまま放置しておくと薄い部分は広がってしまいます。
但し、女性ホルモンの分泌量が多いため、男性の様に全ての髪の毛が無くなると言う事は無いのが二つの大きな違いと言われています。

因みに、フィナステリドはホルモンをコントロールする作用が在るため、勃起障害などの男性機能を低下させてしまう副作用が生じるケースが在ります。

勃起障害と言うのは、性行為の際に勃起状態にならない、若しくは勃起しても直ぐに元の状態に戻るなど、女性器への挿入が不可能になってしまう症状であり、これは女性には関係が無い副作用に感じる人も多いかと思われますが、妊娠している場合胎児が男児の場合では、胎児の生殖器への影響を及ぼす可能性が在ると言われています。