AGAを撃退しようとする男性

日本では、特に成人男性の約4人に1人の割合の方がAGAだと言われており、かなり多くの人がAGAに悩まされていると言えます。そんな身近に迫る恐怖を無くしたいという方の手助けが出来ればと思います。

AGAによる頭皮の悩みは医薬品で解決できる

AGAになった場合は、頭皮がダメージを受けます。具体的には、男性ホルモンのせいで、髪が生えにくくなります。これを改善する方法はいくつかあり、育毛剤を使うのが一般的です。自分に合った育毛剤が見つかれば、AGAは改善することがあります。育毛剤よりもさらに確実な改善法は、医薬品を使う方法です。それを飲み薬を続けて、髪の状態を良くしていきます。
育毛剤を使うのは、外側から改善する方法ですが、医薬品を使うのは内側から改善する方法だと言えます。AGAに使われる薬の中にはノコギリヤシが使われています。これは天然の成分で、男性ホルモンの発現を阻害します。もともとは前立腺の治療に使われていました。AGAの場合は、頭皮の髪のヘアサイクルが短くなっている特徴があります。ヘアサイクルが短くなるのは、男性ホルモンのせいです。AGAの治療に使われる医薬品は、男性ホルモンの発生を抑えて、頭皮のヘアサイクルを正常な状態に戻します。ヘアサイクルが正常になると、毛球が太くなって、髪が抜けにくくなります。
このタイプの薬は病院で処方してもらうことができます。保険を使えないので、費用が高くなりますが、高いお金を払う価値はあります。この薬を使ったほとんどの人が、髪が生えてくるのを実感するからです。ただし、すぐに生えてくるのではなく、飲み始めてから4ヶ月から6ヶ月程度してから、髪が生えてきます。一度この薬を飲み始めたら、簡単にあきらめないでできるだけ飲み続けてみる必要があります。この薬を飲んでも、深刻な副作用が出ることはほとんどありません。よくある副作用は性欲減退です。まれに肝臓の状態が悪くなる人がいます。肝臓の状態が悪くなったら、服用をやめて医師に相談することが必要です。