AGAを撃退しようとする男性

日本では、特に成人男性の約4人に1人の割合の方がAGAだと言われており、かなり多くの人がAGAに悩まされていると言えます。そんな身近に迫る恐怖を無くしたいという方の手助けが出来ればと思います。

つむじが脱毛するAGAの症状について

ストレスに晒されたり、食事の栄養バランスが偏ったりすると、つむじに生えている髪の毛が脱毛したり、おでこの生え際が交代していくことがあります。
これらの症状はAGAという男性型脱毛症の代表的な症状になります。
髪の毛にはヘアサイクルに従って生え変わる仕組みになっているのですが、通常はヘアサイクルの中の成長期がおよそ四年間から六年間ぐらいあり、その間に少しずつ長く太く成長していくのですが、AGAにかかると髪の毛の成長期が縮まってしまい、充分に成長していない、細い産毛状の状態のまま、髪の毛の成長が止まる後退期を迎えてしまい、やがて脱毛してしまいます。
髪の毛の成長期が縮まってしまうのは、ジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンの働きによるもので、ジヒドロテストステロンは男性の身体の成長には欠かせない善玉の男性ホルモンであるテストステロンが、つむじやおでこの生え際の毛穴から分泌されるII型5αリダクターゼという酵素と結び付いてしまうことによって生み出されてしまいます。
AGAを専門的に診察してくれるクリニックなどに出向いて診察を受けると、このジヒドロテストステロンの発生を抑えるAGA治療薬を処方してくれます。
AGA治療薬は効果が現れるまでに時間がかかるため、少なくとも半年は服用を継続する必要があります。
AGA治療薬は脱毛があまりにも進行してしまうと効き目が現れない可能性があるので、脱毛の症状が現れ始めたら早めに服用する必要があります。
確実に発毛の効果を得るためにはAGAの影響を受けない後頭部などの髪の毛を脱毛した部分に植え込む自毛植毛手術を受けるという方法もありますが、自由診療となりますのでまとまった費用が必要になります。